週刊ベースボールONLINE

2020変化球特集

変化球誌上レクチャー 中日・岡田俊哉『スライダー』「打者の手元で小さく曲がるスライダーが理想です」

 

リリーフ投手としてチームを支えるサウスポー。勝負球は昔も今もキレ味抜群のスライダーだ。曲がり具合はその日の状態で違うが、それが武器でもある。
取材・構成=牧野正 写真=榎本郁也 協力=中日ドラゴンズ


頼れる変化球


 スライダーを投げ始めたのは中学3年生のころです。投げたらたまたま曲がったので使い始めたのが、きっかけでした。特に誰かのスライダーをマネしたわけではありません。ほかの変化球が今ひとつで、自信を持って投げられる変化球がスライダーだけだったということだと思います(笑)。でもそれで磨きがかかったかもしれません。

 キレがあるとよく言われますが、大きく曲がっているだけで、自分でキレがあるとは思っていません。その曲がり具合というのも、その日の指の掛かり次第なんです。僕の場合、日によって大きくなったり小さくなったりするので、その日の指の感覚というものを自分でしっかりとブルペンで確かめ、把握してからマウンドに上がっています。

 スライダーと言えば・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング