週刊ベースボールONLINE

2020変化球特集

変化球誌上レクチャー 巨人・大竹寛『シュート』「手を出させて、詰まらせる」

 

35歳を越えての再ブレークはリリーフ専念に伴うスタイルの“特化”にある。カギを握るのは投球の約半分を占める実戦的なシュートだ。
取材・構成=坂本匠 写真=榎本郁也 協力=読売ジャイアンツ


手元で「キュッ」


 シュートは浦和学院高時代に覚えたもので、2002年の広島入団後も継続的に使っていましたが、シュートに対する考え方が大きく変わったのは昨年、ポジションがリリーフとなってからです。先発のころはいろいろな球種を駆使しつつも、主に真っすぐ&スライダーピッチャー。ただ、周りの人からは「シュート、良いんじゃない?」と。しかも、リリーフでは走者を背負った状態で結果を残すことも求められます。ゴロを打たせたい状況も多く、自然とシュートが多くなるスタイルに変わっていきました。自分でも「シュート、多いな」とは思いますし、昨季はそれに戸惑う部分もありましたが、今は頭と気持ちの整理がついてうまく投げられていると思います。

 握りは一般的なツーシームで、僕はこれでシュートを投げます。人さし指を縫い目の真上に乗せ、中指は縫い目の真ん中から、縫い目半分くらい人さし指側に落とすイメージです。親指はボール中央よりもやや人さし指側にずらして支えます。力の配分は人さし指6:中指4。やや深めに握り込んでいますが、そこまで力を入れていません。リラックスしたほうが操作しやすいはずです。

 最大のポイントは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング