週刊ベースボールONLINE

2020変化球特集

データで大分析 エースたちの決め球と球種考察【セ・リーグ編】

 

各球団の主力投手たちの“最大の武器”は、一体どのボールなのか? 12球団の最も投球回数の多い投手が、最も三振を奪った球種、またその投球術を、さまざまなデータを基に考察してみよう。
※球種判断、データ提供=共同通信デジタル。成績、データはすべて9月1日時点

巨人・菅野智之のスライダー


成績:11試合9勝0敗80回1/3、77奪三振、防御率1.57


 自らを「スライダーピッチャー」と言ってはばからない。フォーム改造でフォークの精度が高まり決め球として“台頭“しているが、最も信頼を置くのがスライダー。持ち球の中で最も変化量が大きく「空振りを奪えるボール」は、カウント球としてももちろんだが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング