週刊ベースボールONLINE

2020変化球特集

変化球誌上レクチャー 広島・森下暢仁『カーブ』「カーブの緩急で、他の球種も生かす」

 

持ち前の150キロのストレートとは約40キロの球速差。このボールを挟むことでストレートの威力は倍加する。さらに、ストライクを取ることも、打たせることもでき、投球の幅は何倍にも広がっていく。
構成=藤本泰祐 写真=佐藤真一 協力=広島東洋カープ


ゾーンに投げる感覚


 カーブ自体は、高校(大分商高)のときも投げていたんですけど、大学(明大)に入って、柳(柳裕也、現中日)さんの投げるカーブを見て、「これが(本当の)カーブか!」というインパクトを受け、同じようなカーブを投げたいと思うようになりました。僕は1年生のとき、柳さん(当時4年生)の部屋子だったんですが、そういうこともあって、カーブの握りを教わりました。それを元に、自分のしっくりくる持ち方にアレンジした形で、今は投げています。

 カーブは、緩急を使えるボールだと自分の中では思っています。ですから、ストレートをより速く見せたい場面でカーブを1球挟んでストレートを生かしたり、また、カーブがあることで・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング