週刊ベースボールONLINE

2020ドラフト特集

2020最新スカウティングリポート 12球団ドラフト指名予想【セ・リーグ編】

 

「10.26」まで、約1カ月。各球団の編成は全国にアンテナを張り巡らせて、候補者をリストアップする。ここからは最新の指名候補者を予想してみたい。スカウト会議を終えた球団もあり、今秋ドラフトの輪郭がおぼろげながら、見えてきた。

巨人・若手台頭で方針転換異例の野手1位を公言


[左・1位指名はこの逸材!!]佐藤輝明内・外野手/近大/21歳
[右・その他、1位指名候補!]栗林良吏投手/トヨタ自動車/24歳


 8月28日に行われた編成会議で今秋ドラフトでは即戦力重視の方針を固めた。過去2年は12人の支配下指名のうち、高校生10人を指名。この中から投手では2年目の戸郷翔征が先発ローテ投手となり、同じく直江大輔も先発デビューで一定の評価を得ているためだ。同日、取材に応じた大塚淳弘副代表は「1位は野手の即戦力。投手も即戦力。(先発の)頭数が足りない」と説明。今秋候補では1位クラスの即戦力投手は豊富だが、野手が少ないため、糸井二世とも柳田二世とも言われる佐藤輝明(近大)が1位の最有力候補に浮上した。阪神との競合も噂されるが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング