週刊ベースボールONLINE

有力プレーヤーCLOSE UP 超高校級コンビ

中森俊介&来田涼斗(明石商高) 世代をけん引した2人「プロ決断」の理由

 

センバツ出場校が招待された今夏の甲子園交流試合を含め、計4度の全国舞台に立った。2年時には春夏連続で4強進出。今年の高校生世代で最も経験値の高い151キロ右腕と、高校通算34本塁打のスラッガーがプロの世界へ挑戦することを決めた。
取材・文=小中翔太 写真=松村真行

9月10日にプロ志望届を提出。同日の練習時には取材陣に応じて、熟考した背景について語った


 大安吉日の9月10日、1年春から注目されてきた投打の大物が、そろってプロ志望届を提出した。

「挑戦したい気持ちがあって、プロ志望届を出させてもらいました。小さいころからの夢と、両親や監督さんと話し合った結果、出すことになったので、そこを目標にするんじゃなくて、もっと高い場所を目指してやっていきたいです」(来田涼斗)

「プロ野球選手は小さいころからの夢だったので、大学と迷いましたが、チャンスがあれば、挑戦したいという思いがありました。実家に帰って両親と話し合ったときに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング