週刊ベースボールONLINE

有力プレーヤーCLOSE UP 2020野手No.1

佐藤輝明(近大・内野手)「4冠」狙える 規格外のポテンシャル「意識することなく一戦一戦、 一打席一打席に集中する」

 

打つだけではない。187センチ92キロという立派な体格だが、身のこなしも軽く、大型三塁手として注目される。遠投100メートルで外野経験もあり、選択肢の幅は広がる。2020年ドラフトにおける野手No.1の評価は不動だ。
取材・文=小中翔太 写真=佐藤真一

何と言っても、豪快なフルスイングが代名詞。パワフルな振りから、規格外の飛距離が生まれる


 アマチュアNo.1スラッガーの最後のシーズンが幕を開けた。

 NPB全12球団のスカウトが見つめる中、ドラフト1位候補の近大・佐藤輝明は同大との開幕戦で4打数1安打。無安打で迎えた第4打席に、三塁手が三遊間を守るなど野手を全体的に右に寄せた“佐藤シフト”の逆を突くライナーを左方向へ。レフト線を破る二塁打となった。チームが初戦を落としたこともあり、試合後は「反省点がいっぱいあったので、明日はフォームなどを修正してしっかり打ちたい」と笑顔はなかった。

 ネット裏のスカウトは極端な話、結果は求めていない。大型三塁手が元気にプレーしている事実と、そのプレー内容を最終確認しているのだ。規格外の飛距離に、俊敏な守備、そして50メートル走6秒0と魅力が詰まる。巨人渡辺政仁スカウトは言う。

「守れるし、走れるし、1年生のころは外野手をやっていて、まだまだやな、と思っていましたけど、サードになって、体が大きいのに動けている。今日は力んで始動が遅れていますけど、評価は変わらない」

 広島鞘師智也スカウトも話す・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング