週刊ベースボールONLINE

セ・リーグプレーヤーズ名鑑

【セ・リーグ】前半戦ベスト9&オーダー

 

シーズン序盤はヤクルトの健闘が光ったものの、原辰徳監督が率いる巨人が抜け出し、独走態勢に入った。2年連続38回目の優勝が近づきつつある。前半戦セ・リーグのベスト9&オーダーを紹介しよう。
※成績は9月10日現在


BEST 9&LINE UP


一番・遊撃 坂本勇人[巨人]

67試合、66安打、14本塁打、35打点、3盗塁、打率.273


 序盤戦は別人かと思うほどアベレージが伸びなかったが、夏を過ぎて元の姿に。驚異の追い上げで3割まで届くか? 通算2000安打も残り「50」。

二番・中堅 西川龍馬[広島]

53試合、67安打、4本塁打、23打点、4盗塁、打率.318


 コンディション不良で8月26日に登録抹消となったが、そこまでは3割を優に超える打率でチームを引っ張った。特に7月は月間打率.352と固め打ちした。

三番・一塁・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング