週刊ベースボールONLINE

HUMAN_STORY なぜ名将となり得たのか――。

巨人・原辰徳監督 新スタンダードへの挑戦と、勝負に対する合理主義 「どっぷり野球人なだけではプロ野球の監督、ジャイアンツの監督にはページ数が足りない」

 

3たびジャイアンツの指揮を執ることになった昨季は、5年間優勝から遠ざかったチームにタイトルをもたらした。今季も連覇は目前。監督通算勝利数でもV9監督・川上哲治の記録を塗り替え、球団トップに。リーグ優勝8回、日本一3回の名将はいかにして生まれたのか。
文=鷲田康(スポーツジャーナリスト) 写真=小山真司、BBM


原辰徳の原体験


 原辰徳にとって人生の1つの転機は、2003年オフに1度目の監督を辞したことだった。

 当時の巨人軍オーナーだった渡邉恒雄(現読売新聞グループ本社代表取締役主筆)をして「読売グループ内の人事異動」と言わしめた原の退任、後任の堀内恒夫との監督交代劇。しかしもちろん実際は、1グループ企業内の人事異動ではなく、もっとキナ臭いものであった。

 監督就任1年目の02年にリーグ優勝、日本一と頂点に上りつめた原だったが、その年のオフには松井秀喜がメジャーに移籍。代役としてヤクルトで松井と本塁打王を争ったロベルト・ペタジーニを獲得して臨んだのが03年のシーズンだった。ところが開幕から故障者が続出、投手陣の不調もあって5月には阪神の独走を許すこととなる。そうして9月になると首位から10ゲーム差以上の大差をつけられ、優勝は絶望的となっていたのである。

 そんなシーズン終盤に、原は選手起用を巡って、当時のフロント幹部と激突した。選手を蔑(ないがし)ろにしたフロント幹部と選手を守ろうとした原の対立で、その結果、原は辞任を決意した。3年契約の2年目で優勝は逃したとはいえ、球団はもちろん読売新聞本社も続投を決めていた中での予定外の辞意だった。

 要は原がケツを捲(まく)った訳である。

 渡邉と言えば読売新聞グループの絶対権力者であり、巨人関係者にとっても当然のごとくアンタッチャブルな存在でもある。監督を決めるのも渡邉なら、辞めさせられるのも、ただ一人、渡邉のはずだった。そのドンに向かって、辞表を叩きつけたようなものだった(もちろん実際に叩きつけたわけではなく、丁寧に辞意を伝えたわけだが……)。こんな辞め方をすれば、もしかしたらもう2度と巨人のユニフォームを着るチャンスがなくなるかもしれない。その覚悟の行動だったが、原は躊躇(ちゅうちょ)なくそれをやった。

「聖域を侵された」

 のちに原はそのときの心境をこう語っている。

 試合での選手起用、采配は監督の専権事項である。そこに介入されることは監督という職の絶対性を侵されることになる。その聖域を守るために自分の将来を賭しても戦う。

 そういう激しさが原という人間の本質にはある。

 父・貢氏は東海大相模高、東海大で野球部監督を歴任した、言わずと知れたアマチュア野球界の重鎮だ。原もまたその偉大な父の下で、育った野球エリートだった。都会的な甘いマスクで、高校からスターとして注目され、メディアに取り囲まれて育ってきた。

東海大相模高時代の原辰徳(左)。父でもある原貢監督との親子鷹は東海大時代も続き、話題となったが、徹底的に鍛え抜かれた


 評論家の江本孟紀さんが『監督原辰徳研究 この「名将の器」に気付かなかった面々へ』という著書で、世間が原をなかなか名将として評価できない理由を「イケ面」であるからと評している。まさに言い得て妙で、世の中の人々のイメージも、この甘いマスクから、かなり現実とは異なるイメージを抱いているのかもしれない。

 ただ、考えてみれば原が幼いころから築き上げてきた原体験は、決してそんな甘い世界ではない。

 福岡の炭鉱の街・大牟田で幼少期を過ごし、まさに炭鉱で働く荒くれたちの中に原風景はある。

 そして父・貢に「人と同じ力ならお前は使わない」と宣告され、殴られ、蹴飛ばされて徹底的に鍛え抜かれた高校、大学時代。まさに厳しさと愛情が同居するような昭和の価値観の中で青春時代を過ごしてきた。

 そういう原体験の上に築き上げられた気性の激しさ、腹の据わり方、人間的な厳しさと優しさこそが原という人間の本質なのである。

 そしてその本質を見せた瞬間が、まさにあの辞任劇だったのだ。

2001年のシーズン終了後、長嶋茂雄監督からその任を引き継ぐ。中央は渡邉恒雄オーナー(当時)


原辰徳の真骨頂


 ただ、原という人間がリーダーとして成功していく背景には、そんな激しい原体験だけに縛られないもう1つの顔がある。

「2003年のオフに監督を辞めて思ったことがある」

 原は言う。

「どっぷり野球人なだけではプロ野球の監督、ジャイアンツの監督にはページ数が足りなかったということ。やっぱり勉強不足だった。自分の中で必ずまた監督をやるときがくると思っていたので、そのときは何とかしなければダメだ、と思った。そこで監督を退いた後、ある種、勉強だろうね……必死にやったよ」

 監督、指導者としてどういう知識や考え方が必要なのか。野球界だけでなくサッカーやラグビーなどほかの競技の世界の人に会い、政財界の第一線で活躍する有力者や映画、演劇、ミュージカルや歌舞伎など文化、芸能に関わる一流の人々の話を聞いて回った。

 本も読んだ。宮本武蔵の「五輪書」と「孫子の兵法」を勉強し、江戸中期の米沢藩藩主で、名君として名高い上杉鷹山の本を読み漁ったのもこのころだった。

「『五輪書』はストレートに勝つことを追求し、いかに勝つ方法を身につけるかという教え。一方の『孫子の兵法』は『敵を知り己を知れば百戦殆(あや)うからず』とさまざまな情報を得ることで、戦わずして勝つことを最良とする。言ってみれば二つは相反する戦いの書ですが、どちらにも理がある。二人の兵法は状況や環境、見えてくる景色に対する洞察が鋭く、野球のフィールドだけでなく、さまざまな場面で身近に感じることが多かった」

 そうして上杉鷹山が好きだった論語「過ちては則ち改むるに憚ること勿れ(過ちを犯したときは躊躇することなく改めよ)」という言葉をモットーに再登板へと爪を研いだ。

 だからこそ06年に2度目の監督に就任すると10年間で6度のリーグ優勝と2度の日本一という実績を残すことができたという思いは強い。そして3度目の監督を引き受けた19年には5年間遠ざかっていたペナントを奪回し、今季も優勝への一本道を突き進んでいる。

06年に2度目の巨人監督に復帰。07年にはリーグV。第2期体制ではリーグ3連覇を2度、日本一に2度輝いている


 実は今回、監督として目指すことは、まず優勝し日本一を奪回すること、その上で巨人軍を勝つ組織に作り上げることである。ただもっと大局的な目標としては、旧来の日本野球の常識から抜け出して、新しいスタンダードを作り上げようという強い思いがある。

 昨シーズンは旧来の日本野球の常識だった「つなぎ」という二番打者像を覆して、坂本勇人を起用した。

 実現はしなかったが、今季は日本式の中6日の先発ローテーションではなく、中5日で力のある投手をどんどん回していくという起用案を密かに持ち、そのためのもう1つのポイントとして中継ぎ陣の充実を課題に上げていた。そうしてシーズン中に楽天から高梨雄平を獲得するなどして充実した布陣を作り上げたことが、結果的には優勝への1つの決め手にもなっている。またシーズン中に物議を醸した大差のゲームで内野手の増田大輝の投手起用などもそんな思いから決断したものだった。

 これまでのセオリーからは反し、タブーだった新しいスタイルの野球に挑む。それも監督・原辰徳の大きな仕事なのである。

「いつも最初は批判されて笑われる。それでも今年は二番に1番いいバッターを起用するチームが増えてきている。いつの間にか、ほかのチームも同じようなことをやるようになるんだ。われわれの最大のミッションは勝つこと、優勝すること。そのためには常識にとらわれずにどんどん思い切ったことをやっていく」

 激情の中でも冷静に目標を見定め、そこに向かって腹を据えてチャレンジする──そういう二面性が原辰徳という人間の本質にはある。

 そしてもう1つ。監督として決してヤワではない、そういう図太さを見せるのが変わり身の早さだ。

 今季も調子が悪いと見れば、すかさず売り物だった坂本の二番を外して三番へと打順を入れ替えた。

「過ちては則ち改むるに憚ること勿れ」──そういう勝負に対する合理主義もまた、原の真骨頂である。

今季は9月11日のヤクルト戦(東京ドーム)に勝利し、監督通算1067勝として、川上哲治監督が持つ球団記録を更新した

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング