週刊ベースボールONLINE

史上最強の監督は誰だ?

現指揮官の監督力CHECK ロッテ・井口資仁

 

特集第3章は現在の指揮官たちの采配がテーマ。タイプ、構想の実現力をチェックするとともに、来季、さらにその先を占っていこう。
※記録、情報は10月11日現在。総合力は5点満点

[2018-]


我慢の起用でチームの骨格づくり


総合力=4
監督タイプ=育成型

 中長期的なチームづくりは結果に表れている。就任初年度の18年は借金22の5位に沈むも、翌19年は借金1に減らして最終盤までCS争いに参戦。今季はソフトバンクと優勝争いを演じ、着実に力をつけている。こうしたステップアップは“我慢の起用”でチームの骨格を作り上げたことが大きい。種市篤暉岩下大輝らの若手投手を起用し続け、野手では井上晴哉を中軸として成長させた。今季途中から四番に抜てきした安田尚憲も昨季は我慢の一軍未昇格だった。

「中途半端に一軍に上げるより、下(二軍)で多く打席を立たせる」と井口監督は話す。

 結果、ファームで本塁打&打点の2冠を獲得し・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング