週刊ベースボールONLINE

史上最強の監督は誰だ?

現指揮官の監督力CHECK 楽天・三木肇

 

特集第3章は現在の指揮官たちの采配がテーマ。タイプ、構想の実現力をチェックするとともに、来季、さらにその先を占っていこう。
※記録、情報は10月11日現在。総合力は5点満点

[2020-]


小技を駆使した緻密な野球は道半ば


総合力=2
監督タイプ=理論型

 昨季から二軍監督に就任し、わずか1年で一軍監督に昇格した。就任時の所信表明では「目指すのは投手、バッテリーを中心とした守りの野球。1点を何とか守り、1点でも多く取る」と語っていた。だが、指揮官の目指す野球が1年目から機能しているとは言い難い。ブルペン陣が乱れ、先発に再転向した松井裕樹を10月に救援に戻すという方針のブレもあった。

 石井一久GMは、昨季3位の成績を残した平石洋介監督をわずか1年で“解任”した理由について、「バントやスクイズなどの精度やサインミスなどの多さ、走塁を含めた先の塁への意識改革が1年を通して改善し切れなかった」と語っていた。この短所を克服するべく三木監督を選んだが、残念ながら劇的な改善は見られなかった。

 2年目外野手の辰己涼介、新人内野手の小深田大翔を中心として、例年以上に走塁を絡めて仕掛ける場面が増加。この点については収穫とも言えるが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング