週刊ベースボールONLINE

ドラフト1位クローズアップ

【楽天1位】早川隆久(早大/投手) 20年に一度のサウスポー

 

4球団が競合した早大・早川。最速155キロ左腕がプロの舞台に挑む


続いた厳しい注文 徹底した意識付け


 2017年2月7日。千葉・木更津総合高の144キロ左腕だった早川隆久は、早大の安部球場(東京都西東京市)で練習に初めて合流した。練習後、室内練習場で練習用のユニフォーム姿で取材に応じ、「目標は4年間で人間性を鍛えること。技術的には、球速は最速で140キロ台後半、アベレージで140キロ台前半が出せるように。制球力もアップしたい」と語った。

 それから約3年8カ月後。最速155キロの大学No.1投手に成長して10月26日のドラフト会議を迎えた。ヤクルト楽天西武ロッテの4球団が1位で入札。抽選の結果、楽天が交渉権を獲得した。

 石井一久GMが「交渉権確定」のクジを左手で引き当ててから約2時間半後。早川がオンラインで授業を受けていた関係で、記者会見は20時から始まった。会場は、あのときと同じ室内練習場だった。学生服姿で現れた早川は、「ここまで評価してもらって指名されたことは、すごくうれしい。楽天は投手陣も打撃陣も強力。自分もチームになじめる選手になりたい」と話した。

 ここまで順風満帆だったわけではない。1年春に開幕の法大1回戦でリーグ戦デビューを果たすと、・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング