週刊ベースボールONLINE

2021ドラフト先取り情報

【2021年ドラフト候補】スカウト戦線を賑わせる逸材

 

NPBスカウトは日々、スケジュール帳と大会日程、練習予定をすり合わせながら、現場を動き回っている。2020年ドラフトが終われば、それは21年へのスタートだ。高校、大学、社会人に分けて傾向を分析していく。

2021注目選手 高校生編


風間球打[明桜高/投手]

かざま・きゅうた●2003年10月11日生まれ。山梨県出身


 あるベテランスカウトが言った。「前年秋の時点で、ここまで名前が挙がるのも珍しい。来年は高校生の年になるかもしれない」。

 特集冒頭で掲載した市和歌山高・小園健太、大阪桐蔭高・松浦慶斗関戸康介、高知高・森木大智の4人を差す。このほかにも逸材が目白押し。明桜高・風間球打は今年7月の秋田の独自大会準々決勝で自己最速150キロを計測した。新チームではさらなる飛躍が期待されたが、今秋の県大会は初戦敗退を喫し、来春のセンバツ出場は絶望的。甲子園へのラストチャンスとなる来夏に期待だ。仙台育英高・伊藤樹も完成度が高い。

石田隼都[東海大相模高/投手]

いしだ・はやと●2003年4月5日生まれ。栃木県出身


金井慎之介[横浜高/投手]

かない・しんのすけ●2003年5月24日生まれ。神奈川県出身


 左腕では神奈川に東海大相模高・石田隼都と横浜高・金井慎之介がいる。愛知は中京大中京高・畔柳亨丞、東邦高の左腕・知崎滉平、愛工大名電高の左腕・田村俊介と右腕・寺嶋大希、享栄高・竹山日向と好投手ぞろい。外野手では東邦高・鈴木唯斗もおり「私学4強」がドラフト戦線でもリードしていく。四番・エースの岐阜第一高・阪口樂はバットでも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング