週刊ベースボールONLINE

男たちの再挑戦 戦力外通告とこれから

近藤一樹[ヤクルト/投手/37歳] 俺はまだやれる! 胸中激白インタビュー

 

ユニフォームを脱ぐ選択を迫られながらそれでもなお、現役続行の道を探る男たち――。まずはその中の一人、近藤一樹が、素直な気持ちを語ってくれた。
取材・構成=依田真衣子 写真=BBM

今季は20試合に登板し、防御率4.74。確かに好成績を残したとは言いがたいが……


突然の戦力外通告


――10月下旬、戦力外通告を受けましたが、現役続行の道を探っていくそうですね。

近藤 これを言うと、「近藤甘いな」って思われてしまうかもしれませんが、今年はつまずいている感じがありながらも、自分の中では原因や解決策をつかみかけていたんです。どこかがすごく悪くて、体がまったく動かないとかではなかったんですよ。自分の感覚や感触が紙一重でズレていた。まあ、そこを一致させるのがプロなんですけど、苦戦したその部分を、来季は修正できる自信がありました。そう考えていた中での宣告だったので、まだ気持ちの切り替えも全然できていないんです。

――来年のビジョンを描いていたのに、それが叶わなくなったショックというのは、相当なものなのではないでしょうか。

近藤 ショックでしたね。実は今まで僕、オフシーズンに向かっていく中で何度も“死んでる”んですよ。「今年はケガもしてるしダメだろうな」という年でも、時間をくれる契約をしてくれるとか、全然仕事ができていないのに契約は更新されるとか。自分の中では何度も“死んでる”んですけど、ここまで何とか生き延びてきて。だけど、今回は本格的な戦力外だったので、かなりショックでした。

――戦力外通告を受けるかもしれない、という前兆は、感じていなかったんですね。

近藤 そうですね。心の準備ができる1年だったら、また違った選択もあったと思うんです。ケガをしていたとか動けないとか、使われることが減っていくとか。そんな中だったら、「今年で区切りが来るかな」という覚悟がだんだんと決まっていくんでしょうけど、そういう兆しもまったくなかったので。まあ、年齢も年齢なので、そろそろ……ってところではあると思うんですけど、僕の中で、心の準備をする1年を送ることはできませんでした。

――一軍で20試合に登板していましたからね。

近藤 今年に関しては、構想外だと言われる気がしなかったですし、そういう気配もなかったので。心の準備をする時間もなく、ただ悔いだけが残っています。いずれにせよ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング