週刊ベースボールONLINE

さらば我がヒーローたち 惜別球人

岩隈久志 惜別HUMAN STORY“精密機械”苦悩の2年

 

日米通算170勝右腕がユニフォームを脱いだ。日本復帰から引退決断まで、2年間の苦悩のストーリー。
文=福島定一(スポーツライター) 写真=高塩 隆

11月7日の引退セレモニーでは、ナインが功績を称え、引退を惜しんだ


 10月7日、岩隈久志は試合前に行われる全体練習よりさらに前の時刻に、東京ドームのマウンドに立っていた。打撃投手を務めるためだ。ネット裏には原辰徳監督や球団幹部らの姿。本人、そして球団ともに現在の状態を確認するのが主な目的だったが……。その初球で右肩に激痛が走る。岩隈が投じた1球は打者を直撃。右腕は右肩を地面に向けてダラりと下げ、苦悶(くもん)の表情を浮かべていた。野球人生初の脱臼だった。わずか1球で終了。その後、時間をかけて原監督や球団幹部、家族らと話し合い、今季限りで引退する意向を固めた。

 8年ぶりの日本球界復帰は、注目を集めた。2018年12月19日、都内ホテルの壇上に、原監督とともに並ぶ。1年契約で年俸は推定5000万円。背番号は楽天時代と同じ「21」に決まった。このときまで日米通算170勝を挙げていた右腕は、残り30勝に迫った大台に触れ「大きな数字。ジャイアンツで達成できたらいい」と語っている。17年9月に右肩を手術し、この年限りで6シーズン在籍したマリナーズを退団。その後の道を模索している最中に、09年WBCで、監督と選手として同じユニフォームを着た原監督から・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング