週刊ベースボールONLINE

ドラフト1位物語 選ばれし者の光と影

[編集部選定]年度別ドライチ・ランキング【2010-2015】

 

2020年シーズンの現役最年長選手は43歳の福留孝介(阪神)。その福留がドラフト1位で入団した99年からのドラフト1位選手を、年度別に通算成績を基準にランキング形式で紹介する。この20年のドライチ選手たちの顔ぶれ&成績が分かる内容だ。

順位は通算成績を基準に編集部が独自に選定(入団拒否もリストアップしたが順位は省く)。選手名は登録名で最終年度表記、※はNPB引退選手(または11月18日現在、在籍なし)。
球団名の巨=巨人、神=阪神、中=中日、横=横浜、デ=DeNA、広=広島、ヤ=ヤクルト、ダ=ダイエー、ソ=ソフトバンク、ロ=ロッテ、西=西武、楽=楽天、日=日本ハム、オ=オリックス、近=近鉄。位置は入団当時。年齢は2020年の満年齢。通算成績は2020年まで。★は日米通算、自は自由獲得枠、希は希望枠。


2010(平成22年) 多士済々な顔ぶれ 2人がメジャーへ



 2人のドライチがメジャー・リーグへ。球界を代表する選手に成長した横浜の筒香、西武の菊池雄星が活躍の場をアメリカへと求めた。2人に負けじと、ソフトバンクの今宮健太、ロッテの荻野貴司、巨人の長野久義(現広島)など、押しも押されもせぬ主力としてチームを支える選手も多く、全体的にドライチの評価どおりの活躍を披露している選手が多い。現在の年齢も選手としてはちょうどピークを迎えており・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング