週刊ベースボールONLINE

大学野球勢力図大考察!

出身連盟別現役選手ランキング・1位 東都大学野球連盟

 

今回は連盟別5位までの本誌選定現役ベストナインを組んでみた。選考基準は大学での活躍度、NPBでの実績、さらにはその選手のピーク度など、さまざまな要素を加味して本誌編集部が選出。その顔ぶれや連盟ごとの傾向なども探っていく。
※一部選手の写真はプロでのもの

キャプテンシーあふれる大人の集団


東都大学野球連盟 現役プロ選手89人
1931年設立/加盟校21校(亜大、立正大、国学院大、中大、東洋大、駒大、青学大、日大、専大、拓大、国士舘大、大正大ほか9校)

石川雅規

[青学大1998〜2001] NPB通算173勝171敗0S3H、防御率3.88


 投手はヤクルトで現役最多の173勝をマークしている左腕・石川雅規だ。青学大3年時の2000年にはシドニー五輪にも出場。ほかにも亜大で通算22完封の東浜巨(ソフトバンク)、3年秋に駒大を26季ぶりVに導いた左腕・今永昇太(DeNA)など、プロでエース格となる投手を輩出する。

嶋基宏

[国学院大2003〜06] NPB通算934安打、26本塁打、315打点、打率.240


 捕手の嶋基宏(ヤクルト)は、国学院大、楽天でも主将を務めるなど、リーダーシップに定評あり。一塁手は中大で首位打者に輝き、ロッテ期待の大砲・井上晴哉。二塁手は東洋大時代に主将を務め、複数ポジションを守れる鈴木大地。移籍した楽天ではバットでチームをけん引する。三塁は亜大で東都15本塁打の松田宣浩だ。ソフトバンクでは「熱男」として常勝軍団を支える。京田陽太は日大で一部昇格に貢献。中日でも変わらず正遊撃手を務める。

 外野では・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング