週刊ベースボールONLINE

東京六大学ドラフト1位投手座談会

早川隆久(早大-楽天)×木澤尚文(慶大-ヤクルト)×入江大生(明大-DeNA)×鈴木昭汰(法大-ロッテ) 東京六大学ドラフト1位投手座談会 神宮で切磋琢磨した永遠のライバル

 

10月26日のドラフト会議で、東京六大学から4選手がドラフト1位の栄誉を手にした。同連盟で投手4人の最上位指名は初。4年間、神宮を舞台に投げ合ったエース4人が過去、現在、未来を語り合った。プロへ進んで以降も好敵手は不変だが、一方では、かけがえのない絆が続く。今回は“超ロングバージョン”でお届けしよう。
取材・構成=岡本朋祐 写真=田中慎一郎

在籍した4大学の帽子を手にポーズ。この4年間、神宮を舞台に母校の威信をかけてマウンドで腕を振ってきた


 4年間の戦いを終え、リラックスムード。今回の企画でヒザを突き合わせることを、一様に「楽しみにしていました」と座談会はスタートした。

──同一リーグから4投手がドラフト1位。率直な感想をお願いします。

早川 レベルの高い環境で戦っていたんだな、とあらためて思いました。振り返ると、ウチの打者も攻略するのに、大変だったんだろうなと思います。

入江 神宮という最高の球場で、このような素晴らしいライバルと投げ合えたことは、今後の財産になります。上のステージへ行っても、東京六大学の誇り、プライドを持って野球を続けていきたいと思っています。

鈴木 自分が1位という評価をいただいたということは別にして、身近にドラフト1位候補がいたことにより、基準を高く、日々の練習に良いモチベーションで向き合えました。そうした積み重ねが1位という結果につながったと思います。プロでも、置いて行かれないようにしたいです。

木澤 先発で投げ合うことになるリーグ戦の1回戦で、どう勝つのか? 難しいシーズンを過ごしました。刺激を受けたことで、この1年間、頑張れたと思います。プロ入り後、直接対決の機会はあまりないとは思いますが、皆の成績は気になると思いますし、切磋琢磨していけたらいいですね。

早川 ヘッドコーチの徳武さん(徳武定祐、元サンケイほか)から、ちょうど1年前のドラフト会議直後に「1位競合で行け!」と言われていました。半年前くらいまでは意識していたんですが、以降はリーグ優勝しかなかった。それが、4球団競合という結果になったと思っています。

入江 ほかの選手が競合し、抽選して、外れた球団から入札されるのかな? と思っていたところで単独指名! ビックリしました。公の場なので、表情を変えないように……。事前に練習した成果が出ました(笑)。

鈴木 ドラフト3日前くらいのニュースで「外れ1位」と出ていたんですが、僕は正直、1位だとは思ってもいませんでしたので、驚きしかありませんでした。あの時点では、早川がどこに行くのか、気になっていましたので。

木澤 外れ、外れの1位でしたが、僕自身が思うよりも周りの評価が高くて「1位候補」とかはやめてほしい、と心の中で叫んでいました。そんなレベルに達しているとは思っていませんでしたので……。早川が言ったように、この1年間は優勝することだけを目標に練習して、トレーニングして……。1位指名の評価はありがたかったですが、頭の中は(その後の)早慶戦のことでいっぱいでした。

伏線があった2016年夏の準々決勝


 2016年8月18日は、夏の甲子園準々決勝。第1試合で鈴木を擁する常総学院高は秀岳館高(熊本)に敗退(1対4)。第4試合では作新学院高の三番・一塁の入江と、木更津総合高・早川が対戦し、作新に軍配(3対1)。のちに2人は高校日本代表入りし、U-18アジア選手権(台湾・台中)で優勝を遂げている。それから4年後。法大・鈴木は今秋の早慶戦を「伝説の試合」と表現。1903年から続く伝統の一戦を当事者2人と、一歩引いた目線から2人が語り合った。

──さて、学生ラストシーズンとなった今秋。主将・早川投手がけん引した早大がリーグ優勝を遂げました。

入江 最終カードの早慶戦は一ファンとして、テレビで見ていたんです。最後の2回戦で早稲田は引き分けか勝利で優勝、慶應は勝てば優勝。2日間、早川と木澤が力投している姿を見て、心が熱くなりました。一方、あの舞台に立っているのはうらやましい気持ちもありました。

鈴木 勝ったほうが優勝。一歩引いた目線で「すごいな〜」と。1、2回戦とも投手戦。2回戦は劇的な逆転本塁打(早大は1点を追う9回表二死一塁から2年生・蛭間拓哉の2ラン)が出て、8回途中から救援した早川が9回を締めた。球史に残る「伝説の試合」と言われていますが、確かにそうだと思います。

──野球では東京六大学に下賜されている天皇杯は、重かったですか。

早川 小宮山(小宮山悟)監督(元ロッテほか)や徳武ヘッドコーチからは、早慶6連戦(1960年秋、徳武主将を擁す早大が逆転優勝)の話も聞いていましたので、何らかの縁があったかな、と。主将として4年目、ラスト8シーズン目で手にできた天皇杯は、想像の倍以上の重さでした。徳武ヘッドも60年前に主将として手にした天皇杯で、後で「持ち方が良かったぞ!」と言われ、うれしかったです。

早大では3年秋までリーグ戦通算7勝12敗と大きく負け越していたが、今年は春1勝(0敗)、秋6勝(0敗)で、貯金2で卒業する/写真=田中慎一郎


──8回から救援した木澤投手はこの1点リードの9回表、二死走者なしから左前打を許して降板。その直後に痛恨の逆転2ランとなりました。

木澤 詰めの甘さ……。「あと1人」で交代も、堀井(堀井哲也)監督から、本当の意味で信頼を得ていなかったということです。僕の実力不足以外、何物でもありません。ここまで(救援した)生井(生井惇己、2年・慶應義塾高)が抑えてきてくれていましたので、初球に迷いなくフルスイングできた蛭間君が、素晴らしいバッターであったということに尽きます。

入江 ラスト1イニングは、難しい。僕は慶應1回戦を2対1で勝っていたんですが9回裏、先頭の四球をきっかけに追いつかれてしまいました(試合は引き分け)。その9回を投げ切れるのが、一番、良い投手の条件だと思っています。

鈴木 優勝をかけた早慶戦。1点リードの9回は難しいですよね。

早川 ネクストは自分で……。蛭間が申告敬遠になったら、自分で終わるな、と。そんなことばかり考えていました。高校時代、入江と対戦した3年夏の甲子園準々決勝(対作新学院高)も最後のバッターでしたからね。正直、一瞬、頭をよぎりましたよ(苦笑)。

──4年前の夏。入江投手は早川投手から、先制ソロ本塁打を甲子園のバックスクリーン左へ。2回戦から3試合連続アーチ(大会史上7人目)でした。

入江 あの感触は、残っています。メッチャ、手応えが良かったです。

早川 いまだに忘れません。(甲子園後の)ジャパン(U-18高校日本代表)のときにも「お前のボールは、いつでも打てるわ!」なんて言っていたんです。この秋はほかの5大学の投手を相手にしても、明治の入江だけは、ガチの配球で行きました!(笑)

入江 全部、カットボール(笑)。

早川 好打者で、気が抜けなかったんだ。

木澤 僕は、3人が甲子園で活躍しているときは、家でアイスを食べていました(笑)。故障(右ヒジ内側側副じん帯損傷)があり、最後の夏の神奈川大会も、2試合の登板でした(1回2/3を救援した横浜高との決勝で敗退)。

──早川投手と鈴木投手は高校1年秋の関東大会準決勝(鈴木は3失点完投も、木更津総合高が4対3、早川は登板せず)と、2年秋の関東大会決勝(鈴木は3番手、早川は登板せず、木更津総合高は8対7で延長13回サヨナラ)で対戦しています。

早川 投げ合ってはいませんが、もちろん、昭汰(鈴木昭汰)の存在は知っていました。2試合とも事実上、翌年春のセンバツ出場が当確という状況でした。

鈴木 実はこうやって、早川と話をするのは今回が初めてなんです。同じサウスポーで負けたくはなかったですが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング