週刊ベースボールONLINE

大学野球勢力図大考察!

出身連盟別現役選手ランキング・3位 首都大学野球連盟

 

まずは出身連盟別ランキングのベスト10までの集計結果を発表する。そして、連盟別5位までの本誌選定現役ベストナインを組んでみた。選考基準は大学での活躍度、NPBでの実績、さらにはその選手のピーク度など、さまざまな要素を加味して本誌編集部が選出。その顔ぶれや連盟ごとの傾向なども探っていく。
※一部選手の写真はプロでのもの

圧倒的に東海大勢強し&好投手続々


首都大学野球連盟 現役プロ選手24人
1964年設立/加盟校16校(東海大、日体大、筑波大、帝京大、城西大、明治学院大、大東文化大、桜美林大、東京経済大、武蔵大、明星大、獨協大ほか4校)

菅野智之

[東海大2008〜12]NPB通算101勝49敗0S0H、防御率2.32


 平成生まれ初の100勝に到達した菅野智之(巨人)は東海大で連盟2位の通算37勝を挙げており、大学日本代表も常連だった。同連盟からは多くの投手がプロに進んでいるが、菅野と同じ東海大→巨人には成長著しい中川皓太もいる。最大派閥の東海大(10人)に対抗する勢力が日体大で、5人すべてが投手。2年春にベストナインの大貫晋一(DeNA)は今季初めて2ケタ勝利を達成し、通算30勝の松本航(西武)は2年で13勝と、これからが楽しみなタレントも多い。

大城卓三

[東海大2011〜14]NPB通算201安打、19本塁打、88打点、打率.267


 捕手も東海大勢が豊富で、大学選手権制覇も経験した大城卓三が巨人の正捕手に。先輩にあたる伏見寅威(オリックス)は一塁で選出した。二遊間コンビは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング