週刊ベースボールONLINE

大学野球勢力図大考察!

出身連盟別現役選手ランキング・4位 関甲新学生野球連盟

 

今回は連盟別5位までの本誌選定現役ベストナインを組んでみた。選考基準は大学での活躍度、NPBでの実績、さらにはその選手のピーク度など、さまざまな要素を加味して本誌編集部が選出。その顔ぶれや連盟ごとの傾向なども探っていく。
※一部選手の写真はプロでのもの

白鴎大クリーンアップがブチかます!?


関甲新学生野球連盟 現役プロ選手21人
1993年設立/加盟校20校(新潟医療福祉大、山梨学院大、作新学院大、平成国際大、上武大、白鴎大、常磐大、埼玉大、松本大ほか11校)

牧田和久

[平成国際大2003〜06]NPB通算55勝51敗27S76H、防御率2.80


 ベストナインチームの売り物になりそうなのは、「白鴎大クリーンアップ」だ。今季本塁打王を争った大山悠輔(阪神)を中心に、巧打の岡島豪郎(楽天)、公式戦初打席初本塁打の大下誠一郎(オリックス)を前後に配してみた。野手が少し足りないため、岡島は過去に守ったことのある外野で起用。

大山悠輔

[白鴎大2013〜16]NPB通算403安打、60本塁打、247打点、打率.268


 そのクリーンアップの脇を固めるのは、上武大勢だ。こちらは好守の選手がそろう。三木亮(ロッテ)と安達了一(オリックス)がキーストーン・コンビ。中堅手の嶋田海吏(阪神)と右翼手の加藤翔平(ロッテ)は俊足自慢だ。ここにソフトバンク高谷裕亮(白鴎大出身)が加われば、センターラインは堅守だ。

 投手は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング