週刊ベースボールONLINE

2020プロ野球記録集計号

大野雄大が沢村賞を獲得できた理由は何だったのか?「沢村賞」と「MVP投手」を徹底比較

 

中日巨人のエースが強い輝きを放ったシーズン。沢村賞のタイトルは大野雄大が獲得したが、リーグMVPは菅野智之が手に入れた。甲乙つけがたい成績を残した両エースだが、本当にすごい投球をしていたのは……。

中日・大野雄大


大差あり僅差あり


 登板数はともに20試合。チームの6分の1の試合数で、シーズンを通して先発ローテーションを守った証しだろう。勝利数に関しては菅野智之が14勝で大野雄大の11勝を上回るが、さらにその評価を高めているのが開幕13連勝だ。20年は120試合の短期決戦でスタートダッシュがより重要視されただけに、菅野の好スタートが巨人の独走、そしてVにつながったのは明らか。大野は菅野とは対照的にスタートで出遅れた。開幕から6試合白星がなく、初勝利が7月31日ではあまりに遅く、そのとき菅野はすでに5勝をマークしていた。大野は開幕から6試合で3敗を喫しており、すでに菅野のシーズン2敗をオーバーしている。勝敗と勝率だけで言えば、菅野のほうが圧倒的に大野を上回っていると言えるだろう。

 だが、大野は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング