週刊ベースボールONLINE

有力プレーヤーCLOSE UP 神宮を沸かす早慶逸材

正木智也(慶大・外野手)右の大砲が目指す広角アーチスト 「結果を出すには、プロセスがすごく大事」

 

笑顔が爽やかな「KEIOボーイ」に映るが、実は闘志を内に秘めるファイターだ。コツコツとスイングを繰り返し、右スラッガーとしての才能を開花させた。勝負の1年である。
取材・文=佐伯要 写真=矢野寿明

2021年は慶大の副将に就任した。チームリーダーとして19年秋以来のリーグ制覇へ、けん引していく


 高校生の右打者が、あんなところまで飛ばすのか……。強烈なインパクトが残る一発だった。2017年夏、桐光学園高との神奈川大会準々決勝。慶應義塾高の当時3年生で、四番・正木智也は2回に横浜スタジアムのバックスクリーン右へ高校通算50号のソロ弾をたたき込んだ。

 正木は3年春から慶大で「四番・右翼」を任されている。4年前の一発について聞くと、ニッコリ笑った。

「あの試合では勝てなかったですけど、『それまでやってきたことが出た』という本塁打だったんです」

 高校1年の秋から四番を任され、2年夏の神奈川大会準決勝(対桐蔭学園高)では横浜スタジアムの左中間席上段へ勝ち越しソロを打つなど、早くから長距離打者として注目されていた。だが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング