週刊ベースボールONLINE

2021キャンプとれたて直送便!

2021キャンプとれたて直送便! パ・リーグ編

 

例年より少し短いオフを経て、2021年も球春が到来。新型コロナの影響により無観客、厳戒態勢でのキャンプインとなったが、選手、首脳陣、ファン……個々の心は熱く燃えている。2月1日、各チームは新たなシーズンをどのような形でスタートさせたのか。

ソフトバンク・小久保新ヘッドコーチも熱視線。143試合に向けた強じんな体づくり


ほかのコーチ陣とも積極的にコミュニケーションを図りながら、選手たちを見守る小久保新ヘッドコーチ(写真右)[写真=湯浅芳昭]


 静かに、ゆっくりと。だが、着実に──。王者は動き出した。

 昨季、選手たちは例年にない厳しいシーズンを、最後の最後まで戦い抜いた。疲労などコンディションに配慮する必要もあり、今年のキャンプは例年以上に体力強化に重きを置く。「相手(チーム)が研究しても、対応できるように万全の状態をつくる。選手にはしっかり143試合、しっかり戦える体力づくりを求めていく」と工藤公康監督。そこで今回はまず、選手個々の筋力、肩やヒジの可動域などを計測して数値化する「スクリーニングテスト」が行われた。結果を踏まえて今後の指導に生かすとともに、未然にケガを防ぐのが目的だ。

 投手、野手、時間帯もズラして密にならないように行われたスクリーニングテスト後は、投手はポール間、野手は70メートルリレーで汗を流した。今年は毎年キャンプ序盤に予定されている12分間走はなし。しかし、走り込み自体は基本練習の一つとして組み込まれ、軽快な走りを見せる者、すでにキツそうな者、選手によって表情はさまざまだった。

 そんな選手たちの様子に目を光らせていたのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング