週刊ベースボールONLINE

2021キャンプとれたて直送便!

2021キャンプとれたて直送便! セ・リーグ編

 

例年より少し短いオフを経て、2021年も球春が到来。新型コロナの影響により無観客、厳戒態勢でのキャンプインとなったが、選手、首脳陣、ファン……個々の心は熱く燃えている。2月1日、各チームは新たなシーズンをどのような形でスタートさせたのか。

巨人・次期キャプテンへの登竜門?宮崎では岡本和真がリーダーシップを発揮


原辰徳監督から“宮崎キャンプキャプテン”に任命された岡本和真は、元気に若手主体の一軍本隊を引っ張る。自覚は十分!?[写真=小山真司]


2月1日、セ・リーグ王者が異例の形でリーグ3連覇&日本一奪回へ向けたスタートを切った。若手主体の一軍本隊が宮崎で、ベテラン&主力組で構成される一軍S班が東京ドームでと、コロナ禍ゆえの分散キャンプ。注目ポイントも分散されたが……。

 晴天に恵まれた南国の地で、ひときわ目立ったのが昨季2冠で不動の四番ながら「まだまだ若手(25歳)」の岡本和真だ。キャンプイン前日、宮崎入り直後に原辰徳監督から「お前さんに頼むからな」と“宮崎キャンプキャプテン”に指名を受ける。本来のチームキャプテン・坂本勇人がS班スタートゆえの特別措置だが、その坂本からも実力、昨今の言動を認められ、「次の候補」と期待される若大将にとっては、ちょうどよい予行演習と言えるだろうか。

 そんな岡本も自覚は十分。「宮崎は若手中心なので、プレーでも行動でも引っ張っていけるように頑張ります。1人でも多く、(一軍2次キャンプ地の)沖縄に行けたらいいと思います」と、初日の午前中からハードなメニューの本隊を力強く引っ張った。

 ランニングでは先頭を若手に譲り、声を出すように圧力(?)をかけたが、・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング