週刊ベースボールONLINE

指導力No.1はどこだ!?

巨人・原監督は後継者育成も目指す/12球団コーチングスタッフCHECK!

 

来る新シーズンへ向け、12球団が一斉にキャプイン。選手の成長が期待されるキャンプだからこそ、コーチ陣が果たす役割も大きくなる。移籍加入やルーキー、さらに新外国人と新戦力に注目が集まるが、コーチ陣も昨季から変わっている球団が少なくない。そこで、12球団のコーチングスタッフを一挙に掲載。現役時代のプレースタイルやキャリアを見ながら、コーチ陣の指導力をチェックしていこう。“指導力”で、この春に戦力向上を果たすのはどこだ!?
南=南海、近=近鉄、ク=クラウンライター、阪=阪急、ダ=ダイエー、大=大洋、横=横浜、ソ=ソフトバンク、ロ=ロッテ、西=西武、楽=楽天、日=日本ハム、オ=オリックス、巨=巨人、神=阪神、中=中日、デ=DeNA、広=広島、ヤ=ヤクルト、メ=メジャー。中略はMLB、NPB以外の海外プロリーグ、国内独立リーグなど
※文中は敬称略


キャリアZOOM-UP


原辰徳監督 強化を求ム!→岡本和真[内野手]

1983年・.302、32本、103点


勝利打点王の四番打者
 25歳で3割30本塁打100打点をクリアし、チームを優勝に導いた。なお、勝利打点20を稼ぎ、2年連続で最多勝利打点(82年は14)のタイトルを獲得。勝負強さは特筆もので、その魂は“若大将“の愛称を譲り渡した岡本和真にも受け継がれている。今季、岡本は25歳。3-30-100は「最低限のノルマ」と頼もしく、そのとおりに四番が働けば3連覇は固い。

桑田真澄コーチ 強化を求ム!→戸郷翔征[投手]
 高卒2年目には28試合でリーグ最多の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング