週刊ベースボールONLINE

指導力No.1はどこだ!?

ヤクルト・暗黒期に黄金期、苦楽を知る男たち/12球団コーチングスタッフCHECK!

 

来る新シーズンへ向け、12球団が一斉にキャプイン。選手の成長が期待されるキャンプだからこそ、コーチ陣が果たす役割も大きくなる。移籍加入やルーキー、さらに新外国人と新戦力に注目が集まるが、コーチ陣も昨季から変わっている球団が少なくない。そこで、12球団のコーチングスタッフを一挙に掲載。現役時代のプレースタイルやキャリアを見ながら、コーチ陣の指導力をチェックしていこう。“指導力”で、この春に戦力向上を果たすのはどこだ!?
南=南海、近=近鉄、ク=クラウンライター、阪=阪急、ダ=ダイエー、大=大洋、横=横浜、ソ=ソフトバンク、ロ=ロッテ、西=西武、楽=楽天、日=日本ハム、オ=オリックス、巨=巨人、神=阪神、中=中日、デ=DeNA、広=広島、ヤ=ヤクルト、メ=メジャー
中略はMLB、NPB以外の海外プロリーグ、国内独立リーグなど
※文中は敬称略


キャリアZOOM-UP


高津臣吾監督 強化を求ム!→石山泰稚[投手]

2001年・37セーブ


通算5度の胴上げ投手
 自身が経験した5度のリーグ優勝、4度の日本一のうち、胴上げ投手になったのは5度。特に2001年には自己最多の37セーブを挙げ、日本シリーズでも最後のマウンドに立った。当然、通算286セーブは球団歴代1位だ。現在クローザーを務めるのは石山泰稚。すでに高津監督からの信頼は厚いが、指揮官のように球界を代表する守護神となりたい。

石井弘寿コーチ 強化を求ム!→長谷川宙輝[投手]
 2002年には当時の球団記録となる69試合に登板した速球派リリーフ左腕。コーチとしては・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング