週刊ベースボールONLINE

背番号物語2021

【特別寄稿】選手の背に宿る球団の理念、こだわり 背番号デザイン史

 

プロ野球草創期から選手の背には背番号があった。その歴史を振り返れば、数字の形、大きさには特徴があり、単なる識別ナンバーを超えた、ストーリーが隠れている。プロ野球意匠学研究家である綱島理友氏が奥深き世界を語る。
文=綱島理友 イラスト=イワヰマサタカ

大阪タイガースが採用したローマン体の背番号。写真は1958年の吉田義男


初の背番号は漢字


 現在のNPBにつながる第一号のチームが、初めて着けた背番号は漢字だった。1934年の12月26日に創設された大日本野球倶楽部、のちの読売巨人軍は、翌35年の2月からアメリカへ遠征した。このときグレーのビジター用ユニフォームが仕立てられ、背番号には漢字が採用された。球団のアドバイザーだったフランク・オドールの助言で、アメリカで観客を呼び込むための宣伝効果を狙ったものだった。現地で観客を集め試合を行い、遠征費用を稼ごうという大胆な計画だった。しかし残念ながら遠征費を賄うまでにはいかなかった。漢字の背番号は「あのプラスとマイナスはどういう意味だ?」と、多くの観客に質問されたという。やはり目立ってはいたようだ。

 36年にNPBの前身、日本職業野球連盟が発足。公式戦がスタートした。戦前の職業野球チームの背番号は、オーソドックスなブロック体が一般的だった。しかし・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング