週刊ベースボールONLINE

12球団背番号物語2021

12球団背番号物語・広島 ふさわしい選手が出るまで温存 大事にされる名選手の背番号

 

2リーグ分立とともに誕生、市民球団として歴史を重ねた。初期は成績面、資金面とも苦難が続いたが、広島の希望の灯に。初V以降の昭和時代と、2016〜18年のリーグ3連覇が黄金期。
※本文中のカッコ内の年号は、その球団内でその番号を着けた年数。登録名は代表的なもの。データは2月10日時点


永久欠番は3、8、15


 地域に根差し、オールドファンや何代にもわたるファンが多いこともあって、伝統的に過去の名選手の背番号が大事にされる球団だ。イメージの強い選手の番号は、跡を継ぐに足る選手が現れるまで空き番になったり、特に野手は実績を積んでから若い番号を与えられるケースが多く、51などの「出世番号」も存在する。

 永久欠番は「ミスター赤ヘル」山本浩二(浩司)の8、「鉄人」衣笠祥雄の3、「男気エース」黒田博樹の15。いずれもファンの心に忘れがたい印象を残した選手だ。

 現在の看板番号は、鈴木誠也が着ける1だ。かつては・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング