週刊ベースボールONLINE

背番号物語2021

最強エースナンバーは何番だ! 12球団背番号別勝利から見えたもの【パ・リーグ編】

 

田中将大の復帰で再び脚光を浴びる楽天のエースナンバー「18」。ここでは各球団の背番号別勝ち星から「真のエースナンバー」を探っていこう。(セ・リーグ編はこちら)
※写真キャプションのカッコ内はそのチームでのその背番号着用期間(選手)。表内の勝利数はその背番号着用時。オリックスは阪急からの系譜のみ。

福岡ソフトバンクホークス パのエースナンバー「21」が最多


#21 杉浦忠(58-70)


 戦前の川崎徳次、戦後の柚木進とエース格の選手たちが着けた21がダントツの勝利数だが、これをエースナンバーに高めたのは58年入団の杉浦忠だ。59年に38勝4敗、日本シリーズ4戦連投4連勝で伝説となったサブマリンである。福岡移転後も左腕の和田毅がエース番号としてステータスを高めている。

 2位以下は20、18、19。山内トリオの番号だ。ここに入っていないが、工藤公康杉内俊哉らが着けた47は工藤が99年、杉内が05年にMVPとなっている。工藤はダイエー移籍時、最初の2年間は21を着けた。

 斉藤和巳の66もファンには特別なナンバーだろう。79勝23敗、勝率は圧巻の.775だ。現エース、千賀滉大の41もそうだが、このチームのエースには独自のこだわり番号も多い。


千葉ロッテマリーンズ 個人最多勝は村田兆治の「29」


 300勝台が1位から5位まで。逆に言えば抜きん出た番号がないチームでもある。1位の18の最多勝は清水直行で93勝。ほか高速スライダーの成田文男、剛速球を誇った伊良部秀輝の名前がある。なお成田は46でも100勝をマークしている。

 2位の11には・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング