週刊ベースボールONLINE

12球団背番号物語2021

12球団背番号物語・ロッテ 新時代到来、世代交代を物語る 期待の若手たちが背負う主力番号

 

期待の大きさは、背番号が物語っている。着々と世代交代が進む中で、歴史が紡がれる栄えある番号も“チームの顔”として期待される者の背中に託される。
※本文中のカッコ内の年号は、その球団内でその番号を着けた年数。登録名は代表的なもの。データは2月10日時点


継承者が待たれる「6」


 背番号が新時代の到来を告げている。18は球団通算169勝の成田文男、メジャーでも活躍した快速球右腕の伊良部秀輝(88-96)、5年連続2ケタ勝利の清水直行ら、チームのエースナンバーの一つ。17も、かつて74年優勝時のMVP金田留広(74-78)、変則の左腕エース・成瀬善久らの背中で輝き、歴代の主戦投手たちが背負った。投手にとって“10番台”の背番号は一つのステータスだが、昨季から、そんな「15」「16」「17」「18」が新たな選手の背中に移っている。

 15は楽天からFA加入した美馬学が着け、16は次代のエース候補の種市篤暉、18は二木康太が背負い、昨季は自己最多の9勝と背番号に恥じぬ成績をマーク。そして17には・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング