週刊ベースボールONLINE

2021新戦力完全CHECK

チャンスを待つ。ルーキー44人の動向【パ・リーグ編】

 

昨年の育成ドラフトでは49人が指名された。最多は巨人の12人、次いでソフトバンクの8人である。厳密に言えば、彼らもまた今年新たにチームに加わった新戦力に違いないが、今回の特集では現時点での支配下登録選手のみを対象とした。ただし、彼らが今シーズン中に支配下登録を勝ち取り、大きな新戦力になる可能性も十分にある。ちなみに昨年の大下誠一郎(オリックス)は育成1年目にして支配下登録となり、プロ初打席初本塁打(9月15日/楽天戦)を記録した。

福岡ソフトバンクホークス


2位・笹川吉康
戦力期待値:C 参加キャンプ:リハビリ組

笹川吉康


 攻守走三拍子そろい、「ギータ(柳田悠岐)二世」と呼ばれて注目度は高い。新人合同自主トレで左足親指骨折も、キャンプで同じリハビリ組スタートとなった柳田から見て聞いて学びはたくさん。

4位・川原田純平
戦力期待値:D 参加キャンプ:B組

 遊撃ひと筋13年の“ベテラン”も、先輩たちからプロの技を学び、さらなる守備力向上に努める。新人合同自主トレから引き続き、キャンプでも走り込みや体幹トレーニングで下半身強化中。

5位・田上奏大
戦力期待値:D 参加キャンプ:B組

 高校3年から本格的に投手に転向したとあって・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング