週刊ベースボールONLINE

震災10年「3.11」をずっと忘れない。

田中将大の10年「過去の出来事は、どうしても風化していってしまう。月日の経過とともに、発信し続けていくことの大切さを実感している」

 

東日本大震災から10年という節目の年に、田中将大が本拠地・仙台に戻ってくる。震災の2年後には完全無欠のシーズン24連勝で球団初のリーグ優勝、日本一に導くと、戦いの場はメジャー・リーグへ。世界的なコロナ禍に揺れた2020年を経て、楽天復帰を決めた。開幕2戦目の先発が決まり、雄姿が見られるのは間もなくだ。
写真=BBM

多くのファンに見守られながら本拠地のマウンドに立つ田中将大。2011年、チームは左袖に「がんばろう東北」と、喪章を示す黒の帯を付けて戦った


忘れられない瞬間


 田中将大が初めて投手タイトルを手にしたのは、東日本大震災があった2011年のことだ。日本ハムダルビッシュ有(現パドレス)との投げ合いは至高の対決、名勝負とも言われた。開幕前に「微力でも、プレーで1人でも多くの人が何かを感じてくれれば。皆さんと一緒に戦っていきたい」と語っていた当時22歳の右腕は、有言実行のピッチングを見事にやってのけた。

 この年、2歳年上の右腕に最多奪三振のタイトルこそ譲ったものの・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング