週刊ベースボールONLINE

2021シーズン順位予想

恒例!解説者12人 2021シーズン順位予想【セ・リーグ編】

 

本誌恒例のシーズン順位予想、今度はセ・リーグ編だ。昨年は巨人の独走に終わったが、今季の各氏の予想を見ると、半数は巨人ながらも、ほかのチームのVを予想する声もあり、やや混戦模様だ。

斉藤和巳「期待値大のTが一騎打ちを制す」


 阪神に対する期待値は昨年よりも大きいです。特に藤浪晋太郎。いよいよ「戻ってきたな」という感じ。ここ数年苦労したことで忍耐力、メンタルも強くなっているでしょうし、西勇輝とともに先発ローテの核を担っていければ大きな連敗はしないと思います。優勝争いに関しては、巨人との一騎打ちかなと。巨人は菅野智之が残留しましたが、昨年のように突き抜けるのは難しいと思いますね。

 中日の場合、打線が機動力をどこまで使えるか。本塁打が期待できるチームではないので、いつ仕掛けてくるか分からない相手の裏を突くような野球が求められます。今年もリリーフがカギを握る広島は、何とか形がつくれれば優勝争いに食い込む可能性も。主力2人が抜け外国人の来日メドの立たないDeNA、投手問題が深刻なヤクルトはどうしても厳しいです。

【予想順位】
1位 阪神
2位 巨人
3位 中日
4位 広島
5位 DeNA
6位 ヤクルト

里崎智也「本命はGだが、もう1年D推しで」


 本命は巨人。ですが“もう1年”中日に期待して優勝予想にしています。というのも、昨年も中日のV予想をしているんですよ。それに昨季終盤の戦いを見れば可能性は大いにある。野手ではビシエド、投手では抑えのR・マルティネスと外国人も来日しているのも大きいです。ただ、本命は巨人で(笑)、菅野智之が残留し、坂本勇人丸佳浩岡本和真と打線の中軸も計算でき、梶谷隆幸が昨季のような成績を残せば他を圧倒する可能性は高い。

 3位の阪神は、マルテ、サンズの外国人の活躍と失策数を減らすことができるかですし、下位予想の球団もやはり不安材料がある。広島は後ろ(救援)を固められるか、DeNAは打線の軸であるソト、オースティンの両外国人がいつ来日するか、ヤクルトも助っ人たちが来日しないと苦戦するでしょう。

【予想順位】
1位 中日
2位 巨人
3位 阪神
4位 広島
5位 DeNA
6位 ヤクルト

伊原春樹「投手陣が豊富なG、Tもチャンスあり」


 セ・リーグも投手陣が豊富にそろっている巨人が優勝する可能性が高いだろう。何よりも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング