週刊ベースボールONLINE

2021シーズン大展望

楽天・先発&救援はいずれも充実 助っ人不在で打力は目減りか/12球団戦力分析2021

 

2021大展望のPART.2では、パ・リーグのペナントレースの行方を占う。今季の大本命もやはりソフトバンクだ。この巨大戦力に対抗できるのはどのチームか。また、田中将大の復帰で期待が高まる楽天は上位浮上となるか。各チームの戦力を分析する。

春季キャンプからアピールしつづけた辰己。一番起用が濃厚だ


2021開幕カード vs日本ハム(楽天生命パーク)


2020年対戦成績 11勝10敗3分 勝率.524
(ホーム7勝4敗1分・ビジター4勝6敗2分)

開幕カード予想先発投手


開幕投手 涌井秀章[3年ぶり10度目]
■2020年の対F成績 4試合2勝0敗防御率2.67

【投手力&守備力】最後の6枚目は?


 先発ローテーションには実績豊富な投手とフレッシュな若手が並ぶ。中心となるのは球界屈指の“4本柱”だ。昨季11勝で最多勝に輝いた涌井秀章が現役最多となる10度目の開幕戦に臨み、2戦目にはかつてのスーパーエース・田中将大が登場。2カード目には岸孝之則本昂大が控える。残る枠はドラフト1位ルーキー・早川隆久と、2年目右腕・瀧中瞭太が埋めることになるだろう。

 救援では・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング