週刊ベースボールONLINE

スペシャルインタビュー

巨人・菅野智之インタビュー 究極を目指して―― 「やっぱり今年は20勝。全部のタイトルを譲ってもいいから、20勝したいです」

 

巨人残留を決めたエースが、万全の状態で2021年の開幕を迎える。キャンプ、オープン戦と実戦4登板13イニング無失点。右腕にとって、野球は唯一、未来(GOAL)が分からないものであり、だからこそ飽きることなく、日々、究極を目指して打ち込めるもの。21年もまた、新たな挑戦に打ち込んでいる。
取材・構成=坂本匠 写真=桜井ひとし、BBM

キャンプ、オープン戦と実戦4登板13イニング無失点。万全の状態で開幕を迎える


三塁側から一塁側へ


 昨オフにポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指した菅野智之は、通常とは異なるキャンプインを迎えていた。移籍交渉のために元日に渡米。最終的に巨人残留を決めたものの、帰国したのが1月9日で、その後、約2週間の自主隔離もあり、本格的なトレーニングを開始したのが20日を過ぎてから。調整遅れを心配されたが、フタを開けてみれば、プレシーズンは4試合13イニング無失点。万全の状態で4年連続7度目となる開幕戦のマウンドに立つ。

――目の前に迫った開幕に向け、状態をどうとらえていますか。

菅野 開幕前の試合を無失点で終えられたのは良かったと思いますけど、いろいろ試しながらの4試合でした。まだまだだなと思う部分もありつつ、ピンチになれば「点をやりたくない」というピッチャーの本能が働いて(笑)。うまくバランスをとって投げたつもりです。ただ、今年は極端に準備期間が短かったもので。もちろん、それを言い訳にしたくないと思ってやってきましたが、「今年は開幕に間に合うかどうか、分かりません」という話は正直に伝えてはいました。そこに照準を合わせてしまうと、焦りも出るでしょうし、どこかに無理がくる。「良い状態で調整が進めば行かせてください」と。

――例年であれば、12月中旬にはハワイに渡り、1月中旬まで現地で自主トレ。帰国後、キャンプに向かうという流れ。実際、どうこの開幕に合わせたのですか。

菅野 例年どおりに時間を使えたとしたら、いろいろな課題に向き合いつつ、トレーニングもみっちりできて、余裕を持ってキャンプに臨めたと思います。でも、今回感じたのは、その状況に置かれると、勝手に体はついてくるんだな、ということです。気持ち的な部分でも当初は(メジャー移籍が叶わなかった)整理がつかないまま。前を向いて次の一歩を踏み出してはいますけど、完全には切り替えられない状況。でも、やらなきゃいけない環境に置かれれば、自然とスイッチが入りますし、えらいもので、心も、体もしっかりと出来上がったかなと思います。

――キャンプ最終日の2月28日、原辰徳監督から開幕投手の打診があります。

菅野 監督から「開幕、お願いします」と言われました。「ありがとうございます」と。監督だけではなく、皆さんも期待をして待っていてくれたんだな、と。

――菅野選手は常々「開幕は143分の1ではない特別な試合」という話をします。実際、昨年は開幕に勝って、NPB記録となる13連勝も飾りました。今年に関しては、「間に合うかどうか分からない」スタートからたどり着いた舞台です。

菅野 その気持ちは変わらないですが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング