週刊ベースボールONLINE

球団別CHECK 開幕シリーズで何が見えたのか!?

巨人・つながる打線で“2試合”18得点も勝利の方程式が…/12球団別開幕シリーズCHECK

 

連覇を果たした昨季、唯一勝ち越せなかったDeNAに連勝で3連覇へ好スタートを切った。打線は良い形で得点も、後味が良くないワケとは?
写真=榎本郁也

3月26日の開幕戦で代打サヨナラ弾を放った亀井を迎える巨人ナイン


【vs DeNA】(東京ドーム)
■3.26 8x対7(-菅野)
■3.27 10対5(○戸郷)
■3.28 1対1(-今村)

得点の取り方良し


 3月28日の第3戦こそDeNAの先発・平良拳太郎の前に5回まで完全投球を許したが(※平良は6回無死で負傷交代)、これは相手右腕のパフォーマンスを褒めるべき。この試合で表れた攻撃陣の憂慮すべき課題は、その平良から大城卓三が初安打(二塁打)を放った後、相手が砂田毅樹にスイッチした直後の松原聖弥の打席だ。

 前日までの2試合計18得点から一転、初回の失点からスコアの動かない重苦しいゲーム展開(0対1)。「まず同点」を考えたベンチの決断は早かった。二走・大城に代え、足のスペシャリスト・増田大輝を送り込むと、松原には手堅くバントのサイン。ところが、松原が試みたバントは、捕手の嶺井博希に処理され、増田は三塁でタッチアウトに。原辰徳監督は「1点、最善策の中で、というところはあったけれど、なかなかうまくいかなかった。松原の仕事でしたなあ」と苦言。この場面、多少、強めに転がして投手に処理されたとしても、増田の足があれば作戦は成功していた可能性も高かっただけに、元木大介ヘッドコーチも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング