週刊ベースボールONLINE

百花繚乱のユニフォーム特集

編集部選定 12球団歴代ユニフォームBESTセレクション 広島編

 

かつては「紺」がメーンのチームカラーで、ユニフォームも地味なものが多かったが、初優勝とともに「赤」がメーンのカラーとなって、チームのアイデンティティーが確立された。空前のカープブームを経て、赤の伝統は続いていく。
広島カープ(1950〜1967) - 広島東洋カープ(1968)

【Best1 1975〜1976年モデル】歓喜の初優勝を呼んだ「赤い帽子」


HOME 1975〜1976

山本浩二
75年、球団創設26年目で悲願の初優勝を果たした年のモデル。ユニフォームのデザインは前年までからVネックになっただけだが、帽子を赤地にしたことでイメージが変わった


VISITOR 1975〜1976

衣笠祥雄
75年の初優勝決定は、後楽園球場でのこと。したがって、その瞬間にナインが着ていたのは、このビジターユニフォームになる。胸の『Hiroshima』の書体は今に受け継がれている


 ファンへの浸透度という意味では、現在使用されているモデルがNo.1だろうが、球団の歴史ということを考えると、印象の深さでは何と言っても初優勝を果たした1975年のユニフォームにとどめを刺すだろう。

 このユニフォーム、丸首からVネックになったこと以外、デザイン自体は73年から74年に使用されたモデルと同じだが、この年、カープの印象を変えたものは「帽子」だった。

 75年に就任したルーツ監督は、「闘志の色」として、帽子をそれまでの紺地から赤い地色に変えたのだ。これに伴い、ヘルメットも赤に。これが「赤ヘル」の誕生だった。

 最初は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング