週刊ベースボールONLINE

NEW-WAVEが到来 阪神タイガース2021

【虎の首位の理由を探れ・PART3】まだいる強力投手陣の予備軍たち

 

投手王国と言ってもいい状況になってきた。今季も現在防御率はリーグトップ。外国人も、一軍の選手と引けを取らない助っ人が二軍でその時を待っている。一軍投手陣に不測の事態や、故障者が出たとしても同じくらいの実力を持つ先発&中継ぎ投手たちがいるのは心強い。
※成績は4月25日現在

先発候補


チェン・ウェイン ベテランの味でいつでもOK

チェン・ウェイン


 思いどおりの投球が少しずつだができるようになってきた。4月21日のウエスタン、ソフトバンク戦(鳴尾浜)では6回1失点。8安打を許しながらも要所を締めたのはベテランならでは。開幕当初は調整不足が否めなかったが、二軍で先発ローテに入ることで、しっかりと形を作ってきた。4試合で防御率1.80は悪くない数字。藤浪晋太郎の二軍調整によって一軍登板の可能性大に。一軍で勝つ用意は整っている。
(※4月29日に今季初一軍登板。10年ぶりのNPB勝利を挙げた)

アルカンタラ 多彩な変化球を操る最多勝助っ人
 決め球が何種類もある昨季韓国リーグ最多勝20勝2敗の右腕。4月4日にようやく来日し・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング