週刊ベースボールONLINE

NEW-WAVEが到来 阪神タイガース2021

【虎の首位の理由を探れ・PART5】猛虎打線の復活の秘密は犠牲心にあり

 

ここまでは虎の投手陣の充実ぶりを見てきたが、その投手陣を支えている猛虎打線も開幕から絶好調だ。チーム打率、本塁打、打点もリーグトップ。まさに勢いに乗っている。しかし、あまりスポットが当たらない部分で打線の意思が統一されている。それが犠牲心の上に成り立つ攻撃であり、首位快走の一因になっている。
※成績は4月25日現在

4月18日、ヤクルト戦の初回に、犠飛を放ち先制点を挙げた四番・大山。最低限の仕事ながら、その後大量得点の出発点となった


浸透した自己犠牲の打撃


 ある意味、2021年猛虎打線の「精神世界」を象徴するシーンだった。

 4月18日、ヤクルト戦(甲子園)の1回裏。一番・近本光司、二番・糸原健斗、三番・ジェフリー・マルテの3安打でいきなり無死満塁の好機を迎える。誰の目にも押せ押せムード。流れのまま豪快に振り抜きたいところで、四番・大山悠輔はエゴを排除した。

「3連打で回してくれた。自分もヒットを打ちたかったですけど……」

 フルカウントからの8球目。ヤクルト先発・小川泰弘の外角低めの真っすぐを逆らわずにミート。代名詞となりつつある強振のリスクを避け、右犠飛で確実に先制点をゲット。主将のフォア・ザ・チーム精神にも導かれ、打線はこの日、16安打10得点で乱打戦をモノにした。

 首位を走る今季の虎打線は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング