週刊ベースボールONLINE

2021ドラフト注目選手クローズアップ スカウト垂涎の大学生

佐藤隼輔(筑波大・投手)憧れの背中を追う151キロ左腕

 

過去に国立大出身のドラフト1位指名は、1996年の杉本友(筑波大→オリックス)1人だけだが“25年ぶり”の期待がかかる。楽天早川隆久の背中を追い、大学生No.1左腕の評価を得つつあるスターターである。
取材・文=坂本匠 写真=ワンダン・ダワー

筑波大キャンパス内にある野球部グラウンドのスタンドにて。緑に囲まれた大自然の中で、4年間、自分に向き合い、力を蓄えた


 ドラフトの有力候補として注目を集めるのは、これで2度目だ。仙台高時代は3年春の宮城大会・仙台育英高戦(0対7で敗戦)での投球をスカウトが評価したことをきっかけに、「プロを意識したこともなかった」という佐藤隼輔を取り巻く環境は大きく変化した。県8強に進出した3年夏は、41回を投げて58奪三振、29イニング連続無失点の成績を収めたことで、周囲も盛り上がりを見せたが、「強豪校に対しては結果が出せませんでした。プロへはしっかりとした力をつけてから行きたい」と当の本人は冷静。プロ志望届は提出せず、仙台高・石垣光朗監督の勧めもあり、「4年後、1位でプロ」に目標を切り替え筑波大への進学を決めている。

 迎えた2度目のドラフトイヤーは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング