週刊ベースボールONLINE

2021ドラフト注目選手クローズアップ 超高校級スラッガー

阪口樂(岐阜第一高・投手兼内野手)「二刀流」の先にある夢

 

堂々と歩いている姿勢、大きな背中。どことなく、似ている選手がいる。花巻東高時代に背番号1を着け、バットでも存在感を示した大谷翔平(現エンゼルス)だ。左打席からの飛距離は規格外であり、マウンドでもチームを勝利へ導く右腕エースには、無限大の可能性が詰まっている。
取材・文=岡本朋祐 写真=早浪章弘

四番・エース。文字どおり、チームの顔である。1983年夏以来の甲子園出場を目指し、練習を重ねている


 岐阜第一高における通常メニューでは、1年冬以降、シート打撃など実戦練習以外は木製バットを使用する。阪口樂はこのタイミングを目前にした1年秋、金属バットで場外弾を放った。右翼95メートル。高さ約20メートルあるネットのはるか上を超えた。2016年4月から同校を指揮する田所孝二監督は、衝撃の一打をこう振り返る。

「マシンを相手にですが、劣化したボールで、あの飛距離ですからね。阪口以外で、見たことはないです。木製バットでも、惚れぼれするような、きれいな打球を飛ばします」

 田所監督は関大OB。同じ関西学生リーグの近大・佐藤輝明(現阪神)の打撃を見聞きしたことはあるが、すでに、虎の怪物新人に匹敵するパンチ力と認める。前任校の福知山成美高(京都)では春2回、夏4回の甲子園出場。過去に5人のプロ野球選手を育成しているが、阪口の注目度は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング