週刊ベースボールONLINE

2021交流戦大展望

ロッテ・好調打線で攻め勝って“W首位”で勢いに乗る/12球団交流戦展望

 

セ・パが火花を散らす交流戦の舞台が、2年ぶりに戻ってくる。過去15年の通算成績ではパが1102勝に対してセが966勝と、パの圧倒的優位が続いている。この勢力図を変えるチームや“交流戦男”は現れるのか。5月25日から始まるセ・パ交流戦。12球団の戦力をチェックしていく。

リーグ打点トップの四番・安田を中心に打ち勝つ


【2019交流戦】 9位
8勝 10敗 0分 勝率.444

多彩な攻撃が武器


 開幕5連敗を喫しながらも、早々に借金を返済して首位に肉薄。巻き返しに成功した要因は打線にある。俊足巧打の荻野貴司が出塁すれば、二番・マーティンが強打で好機を拡大し、仮に荻野が凡退してもマーティンが長打を放ってチャンスメーク。広角に打ち分けて・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング