週刊ベースボールONLINE

猛虎順風 タイガー気流上昇中

Vのカギを握る猛虎戦士[Part3]秋山拓巳/青柳晃洋 チームを支える生え抜き先発

 

打線が活発な中、それを下支えする先発投手陣。特に生え抜きで先発ローテに定着した2人が、安定した内容でチームに勝利をもたらしている。
※成績は5月16日現在

秋山拓巳 先発6番手のプライド


淡々と、黙々とストライクゾーンの四隅を狙いながら、打者を打ち取り長いイニングを投げ続けている秋山。その粘りの投球が、中継ぎ陣の負担軽減にもつながっている[写真=宮原和也]


【2021成績】6試合3勝2敗0S0H、37回1/3、28奪三振、13失点、防御率3.13

 淡々と、黙々と。球数を使い、塁を埋めながらでも「0」でベンチへと帰ってくる。粘れて計算できる秋山拓巳が“先発6番手”にいることこそが、阪神の大きな強みだ。

 開幕直後のチームの快進撃も、秋山の踏ん張りから生まれた。ヤクルトとの開幕カードに3連勝した阪神は3月30、31日の広島戦(マツダ広島)に連敗。敗れればいきなり勝率5割逆戻りという翌4月1日に、5回までパーフェクトという圧巻の投球を見せたのだ。7回5安打2失点で白星をつかみ「この広島戦に当てられているという意味を、自分なりに考えて投げることができた。3連敗するわけにはいかなかった」と笑顔を見せた。矢野燿大監督も・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング