週刊ベースボールONLINE

2021最強ルーキー伝説

2021一軍全出場ルーキー 完全覚醒を待つ俊英たち【パ・リーグ編】

 

プロ入りを果たした新人の次の目標が一軍出場。ここではそれを無事果たした選手を一気に紹介していく。
※成績は5月24日現在。写真ネームの年齢が21年満年齢。[数字]はドラフト順位、左右は投打

五十幡亮汰 攻撃に新風を吹き込む北の韋駄天


五十幡亮汰 いそばた・りょうた●日本ハム外野手/中大・23歳[2]右左
10試合、8安打、1本塁打、3打点、4盗塁、打率.258


「サニブラウンに勝った男」として中学時代から注目を浴び続けてきた脚力は本物だった。5月9日の楽天戦(札幌ドーム)で遊撃へのプロ初安打を放って出塁すると、次打者の初球にプロ初盗塁を刻んだ。14日のソフトバンク戦(札幌ドーム)では右翼線を破る当たりに、自慢のスピードを生かして三塁打。12秒を切れば速いとされる三塁打タイムで10秒60をマークして見せた。交流戦を前に一番・中堅でスタメン起用される試合も増え、ベンチもチャンスメーカーとして期待を寄せる。20日の楽天戦(楽天生命パーク)では初の盗塁死にも栗山英樹監督は「アウトもプラスにしてくれると思う」と評価。「北の韋駄天」が攻撃に新風を吹き込んでいる。

渡部健人 二軍では格の違い見せるパワーヒッター


 プロ初出場初スタメンした4月4日のソフトバンク戦(PayPayドーム)で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング