週刊ベースボールONLINE

昇竜の記憶 中日ドラゴンズ85年史

強竜戦士列伝 1936-2021 【二塁手・三塁手・遊撃手】

 

長い歴史の中には、忘れられない名前がたくさんある。ここではポジション別に、そのほんの一部を紹介していく。
※情報は5月27日現在。名前横は選手での中日在籍年。登録名は代表的なもの。ポジション別出場試合の現役選手は2020年終了時点

[井上登[1953-61.67]


【二塁手】最多出場はミスター竜・高木守道


 背番号51にこだわったシュート打ち名人・井上登が1954年の優勝メンバー。ただ、史上最高のセカンドとも言われ、球団最多通算2179試合を守った高木守道に勝る者はいない。60年入団で小柄ながらパンチ力のあるバッティングで通算2274安打、236本塁打をマークするとともに、盗塁王3回の俊足選手だった。この人の魅力は、やはり守備。堅実さに加え、華麗さやアグレッシブさもあり、超ロングのバックトスは、もはや芸術だった。以後、82年のVイヤーの上川誠二らがいたが、やや小粒。高木に匹敵するとしたら96年入団の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング