週刊ベースボールONLINE

2021バット特集

【2021年最新版】歴代バットコレクション・Part1 草創期から現役選手まで逸品36本を一挙公開!

 

“打撃の神様”川上哲治の赤バットから王貞治の756号バットそして現役選手では岡本和真村上宗隆など若きタレントのバット計36本(野球殿堂博物館所蔵)を詳細データとともに一挙紹介。その形状や重さなどから、歴代名打者たちのこだわりが感じ取れるはずだ。
※掲載順は入団年。所属下の年度はNPB、MLB在籍年。現役選手の通算成績は6月16日現在。バットデータの数値は野球殿堂博物館計測で、1インチ=2.54センチで計算

藤村富美男・1955年ごろ使用


長さ/36.41インチ 重さ/980グラム 太さ[直径]/6.4センチ


“物干し竿”と呼ばれ、球界一の長さを誇ったバットだ。それを巧みに使いこなし、首位打者1度、本塁打王3度など数々の打撃タイトルを手にした初代ミスタータイガースだ。

藤村富美男[タイガース・阪神/1936〜44、46〜58年] 通算成績/率.300 本224 点1126 試1558


川上哲治・1947年ごろ使用


長さ/35インチ 重さ/850グラム 太さ[直径]/5.9センチ


 言わずと知れた“打撃の神様”の武器となったのがこの赤バット。戦前の一時期、巨人カラーの海老茶色にしたことでこの呼び名が定着した。史上初の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング