週刊ベースボールONLINE

2021バット特集 繊細かつ、強く弾く

DeNA・オースティン テーパー状のグリップにテーピングぐるぐる巻きがTA流

 

パワフルな打撃で打線に活力を与えてくれる外国人スラッガーの存在。彼らはメジャーで主流のメーカー(2021MLB開幕時シェア/1位マルッチ、2位ルイビルスラッガー、3位ヴィクタス)を好むが、なかには日本メーカーを使う選手もいる。総じて彼らは日本人よりも“感覚”“感触”を大切にする傾向にあるようだ
取材・文=滝川和臣 写真=大賀章好、BBM

今年からメジャー時代と同様にマルッチ[左]とチャンドラー[右]の2メーカーを使用


■素材/メープル
■長さ/34インチ(86.36センチ)
■重さ/32オンス(約907グラム)

 来日2年目の今季、オースティンは新型コロナ禍で来日が遅れ、初出場は4月に入ってからだった。ファームでの“慣らし”なしで一軍に合流すると、調整不足を感じさせない力強い打撃を披露。5月中旬からは四番に座り、交流戦では7本塁打を放ちベイスターズ打線の核となっている。

 そんな“TA”(タイラー・オースティン)は、今季、アメリカの2メーカーのバットを選ぶ。ここ数年、MLBで一気にシェアを伸ばしたマルッチを昨季は使用。今年からはヤンキースのアーロン・ジャッジらも愛用するチャンドラーも使っている。

「アメリカでは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング