週刊ベースボールONLINE

いざ東京2020オリンピック

日本、投打の中心選手は?

 

キャプテンを指名しない方針の稲葉篤紀監督だが、その役割を期待されるのが代表不動の遊撃手と、若きエースだ。

坂本勇人 経験豊富な攻守の要



 日本代表では2013年のWBCからショートのポジションを任されてきた。巨人でも08年から不動の存在で、4度のゴールデン・グラブ賞を獲得。特筆すべきはオフェンス面で、16年にセ・リーグの遊撃手として初の首位打者を獲得、昨季は史上2番目の若さで通算2000安打を達成している。「キャプテンを置かない」と明言している稲葉篤紀監督だが、「豊富な代表経験を持っています。勇人には野手陣を引っ張っていってほしい」とリーダーとしての期待を寄せる。巨人でも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング