週刊ベースボールONLINE

いざ東京2020オリンピック

発足から五輪までの軌跡は? 稲葉ジャパンの1400日

 

小久保裕紀前日本代表監督のあとを受け、2017年7月31日に稲葉篤紀が監督に就任。当初からターゲットを東京2020オリンピックでの金メダル獲得に定め、代表チームの強化に取り組んできた。ここでは稲葉ジャパン発足からの軌跡を振り返る。

背番号は「80」に決定


代表活動継続の成果


 現役時代には1度のオリンピック、2度のWBC(2009年に世界一)を経験し、引退後は小久保裕紀監督の下、侍ジャパンのトップチームコーチを務めるなど、現役選手のことも、代表のチーム運営についても熟知した稲葉篤紀の代表監督就任(小久保監督からの継承)は、ごく自然な流れだったといえる。インタビューでも話しているとおり、大役を担う上でのモチベーションは、自身が味わった08年の北京オリンピックでの惨敗の経験からくる「オリンピックの借りは、オリンピックで返す」という強い信念であった。

 今大会の内定選手たちと、小久保監督が最後に率いた17年のWBCのメンバーを見比べてみると、2大会ともに選出されているのは投手では菅野智之(巨人)のみ(その後、7月3日にコンディション不良のため代表を辞退)
。野手では菊池涼介(広島)、坂本勇人(巨人)、山田哲人(ヤクルト)、鈴木誠也(広島)の4人で、軸となる選手を除いては、その顔ぶれが大きく変わったことが分かる。稲葉監督にとって初めての公式戦だった17年のアジアプロ野球チャンピオンシップでは、「24歳以下あるいは入団3年以内の選手(※オーバーエイジ3人)」の大会規定があり、フレッシュなメンバーで大会に挑んだが、これが良かった。日本代表のクローザー(※今大会の起用法は未定)に成長した山崎康晃(DeNA)、野手では甲斐拓也(ソフトバンク)、源田壮亮(西武)、近藤健介(日本ハム)がこの大会以降、所属球団でもレギュラーの1人から替えのきかない選手へと大きく成長を遂げた。日本代表のトップチームでも常連となり、今回の五輪内定を勝ち取っている。

【2017】
7.31 稲葉篤紀が代表監督就任
稲葉ジャパンが発足
 小久保裕紀監督下ではコーチを務めていた稲葉篤紀が、侍ジャパンのトップチーム監督に就任。44歳の若き指揮官は、「目標は東京五輪での金メダル」と高らかに宣言した。

10.12・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング