週刊ベースボールONLINE

いざ東京2020オリンピック

田中将大[楽天] 世界一の称号と、日本野球の誇りと「自国開催ですし、金メダルを獲りたい──」

 

2008年、19歳で北京オリンピックに出場した田中将大[JMPA]


 運命に導かれるように、再び日本代表のユニフォームを着る。オリンピックへの決意は、代表に選ばれる半年前からすでに固まっていた。

 1月の楽天入団会見。8年ぶりに古巣へと復帰した田中将大に、東京オリンピックへの質問が投げかけられる。未定の事柄に関しての言及を好まない男が、はっきりと胸の内を開いた。

「2020年にオリンピックが開催ということでしたので、自分は出られない立場にあった中で延期になって。日本球界に帰ってきて、出るチャンスがあるので、選ばれたのであれば僕が断る理由なんてないです。心から出たいと思っています」

 通常どおりに東京オリンピックが開催されていれば、その期間、田中はニューヨーク・ヤンキースの主戦投手として、ヤンキー・スタジアムで投げていた。それが、新型コロナウイルスによるパンデミックで大会が1年延期に。本来なら喜ぶべきことではないが、田中には幸運な巡り合わせだった。

 東京オリンピックでは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング